ダイエットエンドの仕組み

ダイエットエンドの仕組みは、「左右対称垂直振動方式」といって、足元にある台座が交互に、そして、垂直方向に、さらに、高速で動く構造になっています。
そのため、ダイエットエンドの動きに合わせて体がバランスを取ろうとすることで、自然に体が鍛えられるわけです。つまり、身体が反射的にダイエットエンドの動きに反応して、普段、使っていない筋肉にも刺激を与えることになります。
さらに、そのダイエットエンドの振動作用で、カロリーを消費することにもなっています。だた、乗っているだけですが、一石二鳥のダイエット効果が得られることになります。

ダイエットエンドの5つの姿勢

ダイエットエンドの5つの姿勢により、身体の隅々まで振動効果を行き渡らせます。その5つの姿勢とは、「直立姿勢」「バスト/顔振り姿勢」「騎馬姿勢」「座った姿勢」「横たわった姿勢」です。
「直立姿勢」ダイエットエンドに楽に立った姿勢で運動します。足を大きく広げるほど振動の振幅が強く伝わり効果があがります。
「バスト/顔振り姿勢」:膝を伸ばしてまっすぐに立ったり、膝を曲げて座り手のひらをダイエットエンドの振動板に乗せたりすることで、バストの弾力性と顔のほほをスリムにする効果があります。
「騎馬姿勢」ダイエットエンドの振動板に直立の姿勢から膝を20℃〜45℃ほど曲げて、かかとを少し上げる姿勢をとります。ふくらはぎを細くしたり、膝の関節を鍛えてくれます。
「座った姿勢」:椅子に座り、ダイエットエンドの振動板に足を乗せます。その際、足は肩位の幅に広げます。ふくらはぎをほぐしてくれます。
「横たわった姿勢」ダイエットエンドの前で横たわった姿勢を取り、ふくらはぎを振動板の上に乗せます。ふくらはぎのコリがほぐれます。
これえらの姿勢をとることで、有酸素運動と無酸素運動をしている効果が得られます。

ダイエットエンドは間単で誰でも出来ます!

ダイエットエンドは、ただ立っているだけで、有酸素運動と無酸素運動が体験できるダイエット器具なので、簡単に誰でも利用することができます。
一般的なダイエット器具にあるよな、わずらわしい部分運動は一切ありません。 もちろん、激しく運動することもなく、5つの姿勢を維持するだけで運動になっています。
ですから、このダイエットエンド(DIET-END)は、使う人を選びません。ダイエットエンドに乗ることさえ出来れば、体重が重い方でも、ご年配の方でも、老若男女すべての方が利用できるように開発されました。

ダイエットエンドは短時間でOKなんです!

こんな悩みを抱えている方いらっしゃませんか?
・体を動かしたいけど、なかなか時間が取れなくて、どうしても運動不足になってしまう!
・ダイエットに取り組んでも、なかなか継続することができない!
ダイエットエンドは、1日1回10分、それも、ただ立っているだけで効率的なエクササイズを実現してくれます。
ですから、時間が取れない、継続することができない、といった不安は、ダイエットエンドにはありません。短い時間で乗っかっているだけなので、三日坊主になる心配もありません。

スポンサードリンク