むくみと病気の関係とは

◆腎臓の病気とむくみ
腎臓は体の老廃物を排泄する大切な働きをしてくれます。ところが、急性腎炎の病気にかかると体内にナトリウムがたまって尿の量が減り主に顔がむくみはじめます。
◆ネフローゼとむくみ
ネフローゼの症状がある場合は、血液の浸透圧が下がってしまい、皮膚の下の組織に水分がたまって全身のむくみが起きてきます。
◆心機能の病気とむくみ
何らかの病気で心機能が低下して血液循環が悪くなると、血液が心臓に戻り難くなって全身にむくみが出てきたりします。血液を心臓に戻せなくなるので、重力の関係で足のむくみになっていきます。
◆肝炎の病気とむくみ
B型肝炎・C型肝炎などの病気が進行して肝硬変になってしまうと、血清の浸透圧が下ってしまい腹水やむくみが起きてきます。
◆甲状腺機能低下症とむくみ
甲状腺のホルモンが不足して起こる甲状腺機能低下症の場合は、指で押してもへこまないむくみが起こって粘液水腫といわれる状態になってしまいます。

足のむくみはなぜ起こるのか?

足のむくみはリンパ管の働きと大きな関係にあります。リンパ管は人間の身体の隅々まで走っていますが、このリンパ管で回収さらなかった余分な水分や老廃物が細胞と細胞の間にたまってむくみ出てきます。
このむくみが足に来るのは、単純に重力の法則に従っているからです。また、病気で心機能が低下していると、血液の循環が悪く足のむくみにつながります。もちろん、心臓だけではなく足の筋肉の低下でも、血液やリンパ液を押し上げる力が少なくなり、足のむくみにつながります。
他には、立ちっぱなしや座りっぱなしで長い時間同じ姿勢でいることから足のむくみにつながったり、女性に多い足を締め付ける靴や下着、そして、ストレス、冷房による冷えなどがむくみの原因になっています。

足のむくみを防止するには!

まずは水分の取り方に注意が必要です。足のむくみを防止するに、水分は1日1〜2g飲むことを目標に、日中は多めに夜は少なめに取ると良いです。また、運動した後は、スポードリンクやミネラルウォーターがいいですね。
つぎに、食事についてですが、塩分は控えめにすることが大切です。たんぱく質やミネラルのバランスを考えた食事にすると、水分をスムーズに循環させる力が強くなって、足のむくみが出にくくなります。また、カリウムが多い野菜、ジャガイモ、きゅうり、豆、果物、海草類を積極的に摂っていくといいですね。
やっぱり、足のむくみを防止するのには適度な運動が一番でしょうか。特に下半身の運動がポイントです。さらに、足の裏を刺激する健康サンダルや青竹踏み、また、足の外側・内側のマッサージもいいです。
服装においては、締め付けない服装を選びましょう。また、女性は、むくみの出やすい足首やふくらはぎなどに適度な圧力をかけてくれる弾性ストッキングを履くのも良いです。

スポンサードリンク