インテリア (interior) 写真

部屋のインテリア 写真インテリア (interior) とは、日本語で「室内装飾品」という意味で、部屋の装飾やそれに必要な照明、家具も含まれます。広い意味ではインテリアは部屋を装飾する品物全般を指しますが、一般的な意味では装飾性に特化されたものだけを意味しています。つまり、空間も含めた部屋全体のインテリア感覚が存在しています。ですから、部屋のインテリ写真をたくさん見ることは、感性を磨くのにとても大切なことです。

部屋のインテリア 写真部屋のインテリアにどんなイメージを持ていますか?この中に、あなたの感性にピタッとくる写真はありますか?日本と外国(西洋)では、気候の違いでインテリアの概念が違います。日本では風通しを良くしたい、西洋では寒さが厳しいので厚い壁を作りたい。こんな違いがインテリアに現れています。

インテリアの歴史とは

部屋のインテリア 写真古代:古代エジプトの時代では、インテリアは一部の特権階級だけが権力誇示の手段に使われていました。それが古代ローマの時代になると、上流階級では漆喰塗りのフレスコの壁画や、家具も象嵌や彫刻など装飾性の高いものがありました。

中世:11世紀頃になると手工業が発達し、インテリアとされる家具も庶民の手に届くようになってきました。ただ、上流階級の装飾性あるインテリアまでにはなっていなかったようです。

部屋のインテリア 写真近世:15世紀ルネッサンスの時代になると、優れたデザイン構築をが出てくるようになりました。庶民の間でも住宅に暖炉をくつったり、家具を揃えるようになっており、インテリア文化の骨子が整ってた時代でした。また、ガラス工芸も発達していたので、ガラスもインテリアの一アイテムとして採用さてていました。

近代:近代産業革命が始まると、それまで主役であった木や大理石に代わり、鉄とガラスが加わるようになりました。さらに、大量生産がインテリアの方向性も大きく変えることとなり、より工業的なものに変えていったのもこの時代でした。

スポンサードリンク